<< 今期鑑賞番組 | main | 最強のふたり >>
東野圭吾の本
 少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの 家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。(赤い指)

「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッ キーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命 を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス。(白銀ジャック)

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつ だけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことができないのだ。殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?人が人を殺す という行為は如何なることか。直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。(殺人の門)

赤い指→ガキがぁ…!(イラッ)
白銀→結構面白く読めました…。斬新なトリックだけど!でも最後の恋愛オチは正直いらないと思うんですけど。
殺人→いい加減学習しろや!!!(イラッ)

カテゴリ:文学 | 21:21 | comments(0) | - | -
コメント
コメントする